一番多いご質問【送料】

送料はここ2年間で信じられないほど値上げが続いています。

大きな原因の1つはネットでの購入があまりにも増えて、運送会社の手が回らなくなったこと。

運送会社は、かなり強気で送料の交渉ができる状況です。

あまりにも急激な値上げのため、弊社でも、そのまま請求できずに利益から負担しているケースも少なくありません。

ここまで送料が負担になってしまっては、対策をしないと売れるはずのモノも売れなくなります。

 

1万円未満のご購入でも送料がかからない場合もあります。

逆に5万円のご購入でも数千円の送料がかかる場合もあります。

 

なぜ、このようなことが起きるのでしょうか。

それは、商品を取り扱うメーカーとの取引条件が違うためです。

では、送料で損しない購入方法はないのでしょうか。

 

弊社では、代替品を提案したり、条件に合うカタログをおすすめしたりしています。

最低限の送料で済む方法をお客様にお伝えするのも大切な仕事だと思っています。

 

送料が高くなってしまうケースとはどんな場合なのでしょうか。

送料が高くなるケースとはおもに2つあります:

・小ロットで多品種を購入する場合

解決策:対応しているカタログから選べば問題ありません。

 

・複数のカタログから商品を購入する場合

解決策:この場合は注意が必要ですので詳細を下記いたします。

 

カタログによって送料が発生する条件が異なります。

弊社では複数のカタログを取り扱っています。

それぞれに特徴があるように、カタログによって取引条件も異なります。

簡単にいうと、カタログが違えば取引先が変わるということになります。

 

複数のカタログをから商品を選ぶ場合は送料が発生しやすい。

例)カタログAとカタログBからそれぞれ1つずつ商品を選ばれた場合。

同じカタログから選んだ場合は1回の送料で済む場合でも、複数のカタログから選んだ場合は、カタログA・Bともに送料が発生する場合があります。

 

ご購入金額の合計が高額でも送料が発生する場合もあります。

例)カタログAから10万円ご購入されて、カタログBから1万円ご購入された場合。

10万円を超える場合でも、カタログBの分の送料が発生する場合があります。

 

送料以外に梱包手数料が発生する場合もあります。

梱包手数料が発生するカタログは今のところは限られています。

そのために、積極的にご案内できないカタログもあります。

そのような場合は別途ご相談にのらせていただきます。

 

ホームページにはカタログの条件を含めた詳細を記載していますが、送料が通常より高く発生してしまう場合は、こちらから安くなる提案をさせていただくよういたします。

条件のいい会社の売り上げを伸ばすことが、いい条件をキープさせることにつながります。