商品カテゴリーについて

弊社では商品カテゴリーからも検索できるようにしています。
注)カテゴリーとは分類のことです。

絞りに絞りましたが、現在のところ、それでも22個のカテゴリーがあります。

商品カテゴリーが便利なところは、ライトをさがしている人は、ライトのカテゴリーを見れば話が早いということです。
まさか、モバイルや傘といったカテゴリーではさがしたりしません。

ところが・・・そうとも言えないんです。

1つの商品でいくつものカテゴリーにあてはまるような商品があります。

たとえば、

「くまモンのライト付スマホに便利なタッチペン」という商品が仮にあったとします。

この商品のカテゴリーは少なくとも「キャラクター」「ライト」「文具」「スマホ」の4つにあてはまります。

弊社では1商品につき、1カテゴリーと決めています。

ただでさえアイテム数が膨大なのに、カテゴリーをまたいでしまうと、さらに数倍に増えてしまいます。

結果的に、お客様にとって見辛いものになるのではないかと思ったためです。

 

この商品の場合でしたら、弊社の場合ですと「キャラクター」のカテゴリーに属します。

ですので、「ライト」「文具」「スマホ」のカテゴリーでさがしても、検索にヒットしません。

その場合は、「キーワード」で検索するか、カテゴリーをいろいろ変えて検索してみてください。