あなたの会社は追い風を予想し、逆風に備えてる?

ご存知でしょうか。2019年4月~10月のパソコンの売上が、52.7%も増加したことを。

スマホやタブレットに押され、減少していくといわれていたパソコンがですよ。

即座に、売り上げ増の理由を、いくつかいえるかたは中々の経済通です。

その要因とは

 ウィンドウズ7の保証期間が2020年1月14日までで終了すること。

確か、2014年にウィンドウズXPの保証期間が切れたときも買い替え需要がすごかったですね。

 高スペックのパソコンが法人に売れていること。

働き方改革で時短を意識し始めたため、サクサク動く高スペック機種が人気のようです。

 ゲームをするための機器としてパソコンに火が付いたこと。

プロゲーマーが推奨するゲーミングPC。従来なかった需要があらたにできたこと。

 政府が2023年までに全国の小中学校でパソコンなどの端末機器を一人一台配備することを決定したこと。

その予算は4,000憶円。是非はともかく、これはデカイ。

 

以上、大きな要因を取り上げてみました。

正直なところ、「そりゃ売れるわな」

これ以上ない追い風です。
パソコンのお話はここまで。

感心して終わりでは意味がありません。

 

あなたの業界で同じような追い風は予想できますか。

最近わたしが体験した身近なことをお話しします。

2019年10月から消費税が10%になりました。ただ、今回は軽減税率が初めて導入されたため、お店のかたも対応に大変だったことでしょう。

他人ごとではなく、弊社でも会計ソフトをアップデートする必要があったんです。

無料ではありません。アップデートなので、そこまで高くはありませんが強制的な出費を余儀なくされます。

でも、会計ソフト業界にとっては、願ってもない追い風だったことでしょう。

 

これは言うまでもありませんが、平成から令和へ
印刷物や印鑑などを筆頭に、どれだけの差し替え需要があったことでしょう。

大きな需要があった例をいくつか挙げると

 ガラケーからスマホへ買い替え
みんなが携帯電話をもつようになったら、自ずと携帯ショップも増えて街の構成までも変わりました。

 デジタル放送開始で、地デジ対応テレビへ買い替え
切り替えの準備期間は相当あったものの、全世帯のテレビを半ば強制的に買い替えさせるのはすごい。

 高速道路の料金自動化でETCを車に搭載
確かに出入口の渋滞は緩和されましたね。将来はもっと進化していくことでしょう。

 あおりや危険運転から自衛の手段として、ドライブレコーダーを装着
毎日のようにテレビで実態をあれだけ放映されると、備えとして装着する気になりますよね。

世の中の法律やシステムが変わると、市場は少なからず影響を受けます。

「風が吹けば桶屋が儲かる」っていうラッキーパンチもあるんです。

経済は生き物といわれることがあります。すべて連動しています。しかもグローバルに。

棚ぼたもあれば、火の粉が飛んでくることも。

 

2020年4月1日(7月1日に延期)からレジ袋が有料化になります。

当然、袋を持参して買い物に行く方が激増することでしょう。

販促業界にとっても、この需要の恩恵を少なからず見込めることは間違いありません。

法律一つでモノが動くんです。

でも、レジ袋を生産していた会社はどうなるんでしょうか。

いいことばかりではないんです。怖いことです。

追い風を予想し、逆風に備えるために、アンテナは広く張っておく必要があるということですね。

 

関連記事

  1. あなたが雑誌を買ってる人なら、残念過ぎて黙ってられない理由

  2. ご存知、素材サイトなら商用利用できるACを一押しする理由

  3. 2019年末の「おせち料理」事情を勝手にまとめてみた

  4. 地球儀ってそんなに売れるの?

QRコード

販促品の窓口 Officialsite